札幌市中央区の眼科 道庁前眼科

“札幌市中央区 道庁前眼科”

“電話番号”

札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命札幌ビル3F

コンタクトレンズは医療機器!

気軽に使用できるオシャレ用カラーコンタクトレンズによる眼障害がここ 数年増え続けています。 コンタクトレンズは高度管理医療機器として 国から指定され、販売に関して特別な管理カが必要とされています。 度が入っていないオシャレ用カラーコンタクトについても'09年 から 非視力補正用コンタクトレンズとして同様の対象とされました。そんな中、 眼障害が増えているのは、医師の診断なしに、雑貨店やインターネットショブなどで 手軽に購入できる背景があります。友だちがしているからとか、 黒目が大きく見える、見た目がきれいなどといった理由で、コンタク トの手入れ、 取扱い方法を詳しく知らないまま、雑貨店、インターネッ トに飛びついている人が 多いようです。

眼障害の原因として多いのが、長時間つけたままにしたり、洗浄、消毒などの手入れ 不良といった不適切な使い方です。インターネッ トで購入できるカラーコンタクトレンズ には、現在は販売禁止になっている未承認のコンタク トレンズも含まれており、 レンズの着色料がきちんとコーティングされておらず、つけてるときに色が溶けだして、 炎症をおこすというケースもみられます。使用する際は、きちんとしたメーカーのものを 医師と相談しながら使うようにしたいものです。

オシャレ用カラーコンタクトレンズを使用する人は、レンズが医療機器だという意識が低く、 安くて手軽に買える方を選んでしまいがちです。しっかりと眼科の医 師の診察を受け、 手入れ方法や使い方を相談してから 使うようにしましょう。

瞳とコンタクトレンズの常識

私たちの目は、カメラと似たような構造をしています。 カメラのレンズに当たる「角膜」が外からの光を取り入れ、 「水晶体」がピントの役割をはたします。入って来た光を網膜に 映すことで、物を見ることができます。

先ずは、自分の目の状態を知りましょう!さて、貴方の目はどれに 当てはまりますか?

近視

遠くの文字がかすんだり、読みにくかったりする状態を「近視」といいます。

遠視

遠くを見る時も、近くを見る時も良く見えないため、眼科で検査してもらいましょう。

乱視

焦点が合わないため、滲んで見えたり、ダブって見えたりします。

ライフスタイルに合ったレンズを選びましょう!

1日使い捨てレンズ

毎日交換して使い捨てるタイプです。 忙しくって、なかなかケアができない方や、スポーツやイベントの時 だけ、たまに使われる方に最適です。一度、目から外してしまうと 再度利用することはできません。

定期交換レンズ

定期的に交換するタイプです。2週間、1ヶ月などがあり毎日ケアが必要 とされます。紛失時や、破損の時も、替えがあるので安心です。しかも、 経済的です。

長期使用レンズ

長期間使用するタイプで、「ソフト」と「ハード」があります。

コンタクトレンズの始め方

先ずは、眼科医による検査と処方が必要です。いろいろな検査をしてから、 ご自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらいまししょう。

Step 1

視力はもちろんのこと、涙の量や、目の病気、眼球のカーブなど、 細かな検査をします。

Step 2

検査の結果をもとにコンタクトレンズが決まります。実際にはめてみて、 見え方、付け心地などを確認します。

Step 3

コンタクトレンズが決定! はめはずしや、ケアの指導があります。